2022/2/26

4月1日から日本でもマルチマルチクレームが認められなくなる。

マルチマルチクレームは、他の二以上の請求項の記載を択一的に引用する請求項(マルチクレーム)を引用する、他の二以上の請求項の記載を択一的に引用する請求項です。米国、中国、韓国では現在も認められていませんが、日本でも同様に認められなくなります。なお、欧州特許では認められています。

特許出願がマルチマルチクレームを含んでいると、特許法36条6項4号(委任省令要件)違反になります。マルチマルチクレーム及びこの引用クレームについては、他の要件は審査されません。当該違反の拒絶理由通知への応答で、マルチマルチクレームを解消する補正がされ、審査することが必要になった結果、通知することが必要になった拒絶理由のみを通知する場合は、最後の拒絶理由通知になります。実用新案登録出願にマルチマルチクレームが含まれている場合は、実用新案法6条の2(基礎的要件)を満たさないことになります。

2022/2/26

欧州特許庁EPOのオフィシャルフィーが4月1日から値上げ

EPOは、2年ごとに手数料を値上げしているが、今回も2022年4月1日からEPOの手数料の約半分が値上がりする。出願手数料は4%、年金や登録料は3%強の値上げ。

なお、日本特許庁も4月1日から特許料や国際出願(PCT)手数料を値上げする予定。特にPCTの送付手数料と調査手数料が、現行の8万円から16万円に倍の値上がりとなる。

2022/2/21

実施可能要件違反に関する判決例をブログにアップしました。

2022/1/18

「意匠の物品に関する査定系事件」に関する判決例をブログにアップしました。

2022/1/17

再公表特許の発行廃止

PCTの日本語国際出願に際して、日本へ国内移行された出願につき、日本特許庁は、これまでWIPOによる国際公開とは別に独自にサービスで公報を発行しておりましたが(通称、再公表)、2022年1月12日をもって、そのサービスを廃止いたしました。それに伴う留意点が、下記URLに示されています。

https://www.jpo.go.jp/support/j_platpat/haishi_202201.html

2022/1/1

新年、明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2021/10/12

「特許権侵害と会社法429条1項」に関する判決例について、ブログにアップしました。

2021/9/28

英国EU離脱に伴うEU商標出願の英国への再提出期限(今月30日)が迫る。

Brexit移行期間の2020年12月31日までの既存のEU登録商標は、それと同等の新しい英国登録商標として自動的に保護されますが、係属中のEU商標出願は自動的には英国で保護されず、同じ優先日を保有して英国で保護を求めるためには、英国で当該EU商標出願を再提出する必要があります。その期限が今月の30日(木)であり、明後日に迫っています。この日を過ぎると、EU商標出願を英国商標出願に変換できなくなります。

2021/9/9

ベトナムにおいて、日本とのPPHパイロットプログラムが10月1日から再開される。

ベトナム特許庁は、日本・ベトナム特許審査ハイウエイ(PPH)のフェーズ2パイロットプログラムを今年2021年10月1日から再び受け入れるようです。100リクエストに限定されており、2022年3月31日までのプログラムで、それ以降も続くかは不明です。

2021/9/7

音商標「マツモトキヨシ」に関する判決例について、ブログにアップしました。